読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gadgecopter 

ガジェット大好きヘリコプター人

一瞬で伝わる資料の作り方 [PRESIDENT WOMAN 2月号]

書評

PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン) 2016年 02 月号 [雑誌]

PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン) 2016年 02 月号 [雑誌]

完全に嫁さんと二人で愛読書となっている「PRESIDENT WOMAN」です。

今回は、一日でワード、エクセル、パワポの達人に。 効果十倍!エレガントな「見せ方の技術」一瞬で伝わる資料の作り方

と、なかなか興味深い内容です。

前回も紹介しているのですが、完全に女性向けって本ではなく単純に読み物としてもいい本です。

一体どんな内容を書いているの?

実際に活躍してくれてる人に焦点を当てて、インタビューから成功のコツ。 専門アドバイザーと実際の企画書を紹介しながら、一瞬で伝わる資料とはどのようなものなのか? を紹介してくれています。

中でも後で紹介しますが、実際の企画書を覗き見しながら、ダメな企画書との比較をしてくれているのは非常に参考になりました。

様々な活躍している方のテクニック紹介

全ての作った資料は公開されているから、Google Workを使ってチーム内で共有。編集 by Google

最近のクラウドサービスをうまく使った案です。 せっかく同じ会社の人で素晴らしいプレゼンやフォーマット持っているのに、共有しないともったいない。  

バリュー・ドリブン・プロポーザル(VDP)手法。 自社のシステムでその人の生活にどのような変化をもたらせるのか、イラストや写真を交えストーリーを動画でプレゼンする。 by 日本IBM

難しい話をその人目線に立ってストーリーで紹介してくれる。 とってもわかりやすい。 動画でプレゼンっていうのは非常にわかりやすいです。 動画ということで、それだけ作成に力を注がれているのも事実です。 本当に紙+言葉よりシンプルに響きやすいですよね。

苦手意識が吹き飛ぶ「7つのルール」

社会人歴10年選手も目からウロコ! っという表題で紹介されている。7つのルール

ざっとポイントは

  1. 一歩踏み込んだ目的&GOALを設定しよう

  2. 相手の期待値を読もう

  3. プレゼン資料の苦手意識を克服するコツ

  4. 資料作りの鉄則を理論的に学ぼう

  5. 相手のリアリティーに訴える表現を

  6. 書くべきことが抜けていないかを確認を

  7. 良いサンプルをたくさん集めよう

実際にどのようなことを気をつけていけばいいのか、わかりやすく説明してくれていました。 その中の一文に「空、雨、傘」が揃わない資料が多くある。 というのが、「なるほど!」とつい納得しました。

達人のピカイチ文書 VS  凡人のダメ文書

実際に使った6個の企画書、報告書、議事録、プレスリリース、商品提案書、事業計画書とダメな例だとこうなる。を詳しく比較。

私は特に議事録の書き方が参考になりました。 ただ時系列にずらずら書く議事録って確かにわかりにくいかったので、アイデアを拝借することにしました。 これでもっとスマートになるかもしれません。

特に、ゼブラのデルガードの商品起案書 の気合の入りようには感動しました。 ここまで自社製品をアピールできるのは素晴らしいです。

昭和なスライド & いまどきスライド

本誌内で紹介されていますが、私は完全に昭和なスライドでしたね。

これは確かに言われてみれば、最近のものはそのようなデザインだなあぁ~って実感できました。

「手書き風フォントを使う」は実際に使ってみてインパクトが出ました。

他にもあるのだけど・・・

ここまで素晴らしいネタばかりで、紹介していこうと思ったのですが、中身がかなり濃いので紹介できないことに気付きました。

まだまだ、なんとなく読んでいる感じですが過去のものも含めて、本棚に置いておいてぱっと思った時に見返してみると非常に面白そうです。

ということで、嫁さんと折半で年間購読申込みをしたのでした。