Gadgecopter 

ガジェット大好きヘリコプター人

電車通勤に快適! New Kindle Paper White 

f:id:chihaya9636:20150705122703j:plain

お久しぶりです。

無事に引っ越しも終わって新居生活が始まりました。

新しい家で、広い生活っていですね。 少し贅沢してすわり心地がいいダイニングテーブルセットを買ったことで家で快適にブログ更新できるようになりました!!  結構いい家具屋だったので、改めて紹介したいと思います。

今日は、6月30日発売になったKindle Paper White」のご紹介です。

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

なんだかんだで第六世代みたいです。 それだけ人気者ってことですかね。

今回は、自分で買おうとしていたKindleですが、嫁からプレゼントしてもらえました!!

引っ越し関係でバタバタしていて、またAmazonからの荷物だと思って開けてみたら・・・ Kindleでした。 嫁に内緒で間違ってポチッったと思った私は、思わずもう一度箱を閉じてしまいましたよ^^;

では、本題です。

電車通勤にはもってこいのアイテム

まさにこの一言に尽きます。

私の状況ですが通勤に大体2時間弱かかるところに住んでいます。 これは生活環境の重視した結果です。 別に普段から1時間半ぐらいかかっていたので、あまり気にしていません。

電車通勤になるために、毎日片道2時間、往復4時間の時間をどのように過ごしていくのかってことが課題でした。

で、色々考えた結果読書して過ごそうと思ったわけです。 単純いえば単純ですけどね。

iPad mini ではダメなのか?

そう当然こう思う人が多いはずです、 なんでもできるiPad miniのほうが便利ではないかって!!

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ホワイト&シルバー MD531J/A

今も私はiPadユーザーです。 素晴らしさも知っていますし、便利さも知っています。 ただ問題なのは、「なんでもできる」ってことなんですよね。

良くも悪くもなんでもできるiPadっていうものは通勤時間に読書以外の誘惑を生み出します。

この誘惑っていうのはまずは、ゲーム 世の中素晴らしいもので、スキマ時間に出来るゲームっていうのが腐るほどあるわけです。 本当に時間を潰すってことには持ってこいなわけですが、それだけであり、それ以上でもありません。

iPad miniを持ってしまったことで、間違いなくこの誘惑に私が負けると思っているわけです。 だからこそ、iPad miniを買わない決断とkindleという読書のみできるツールの選択をしました。

目にも優しいKindleくん

実際に使っていると感じるのですが、Kindle Paper Whiteのいいところ

本物のインクを使用したe-ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚で快適な読書が体験できるよう開発に努めました。Kindle Paperwhiteなら明るい日差しの中でも、反射を気にせず読書を楽しむことができます。

こういうものでありiPadの液晶よりも非常に疲れにくいです。 これは実感できます。

実際に使ってみたことでわかるのが非常に紙の感じに近いってことです。

個人的には、私は VoyageよりもPaper Whiteが好きです。Voyageは明るく白すぎるんですよね。 この感じが紙っぽくなくて・・・

Paper Whiteは真っ白でなくて少し黄色がかってます。 これが非常に紙っぽくて好きなんです。

長い通勤を楽しくしてくれる

正直通勤に2時間ってめっちゃ長いと思うんですよね。 一日に4時間も移動に費やされるわけですから。

ただ私の決断で決めたことなので、せっかくの道のりをじっくり過ごそうと思います。

逆に言えば、じっくり読書する時間を作れるってことは素晴らしいとも思います。  この時間がなければどうせ私の事なので、家でゴロゴロ寝てるわけですから。 通勤時間を朝活みたいにしてしまえばと思います。

これからヨロシクね。 Kindle Papwer Whiteくん

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

参考リンク

www.gizmodo.jp