Gadgecopter 

ガジェット大好きヘリコプター人

SONYの完全ケーブルレススタイル WF-1000Xが気になる

f:id:chihaya9636:20171008100743p:plain

今回、気になっている商品はこちらです

世の中に「うどんを耳から出している人が増えてきた」のですが、ようやくSONYから完全ワイヤレスノイズキャンセルイヤホンが発売になるということで非常に気になっています。

少しまでに、仕事用にVoyager 3200を購入したのですが正直タイミングを少し誤ったかなと思っております。

chihaya9636.hatenablog.com

実際には仕事にはかなり使えており期待通りの働きをしてくれているのですが、WF-1000Xに関してはビジネスだけでなくプライベートでも重宝するのではないかと考えております。 個人的に気になっている情報を調べてみてシェアします。

SONYからの発売ということで気になっている

私はやはり音楽を聴くといえば、「ウォークマン」という世代で育ったので今でもその認識があります。 その販売元SONYから完全ワイヤレス・ノイズキャンセル・イヤホンが発売されるというのですから気になるのは当間です。

特に、今回注目するところは「ノイズキャンセル」機能でしょう。 最近使っているのをよく見かける「うどん」にはない機能です。 あとでも紹介しますが装着している姿が非常にスマートで違和感がすくないモデルではないかと考えています。

このあたりは個人差が出るところではありますが他のワイヤレスイヤホンを考えればスマートだと感じています。

気になるところ

非常に個人的に関心が高いものではありますが、やはり気になっているところがあります。 おそらく「音楽を聴く」という性能には文句をつけどころがない仕上がりになっているのだとは思うのですが、私が求めているところは仕事でもプライベートでも使えるものです。

ノイズキャンセル

完全ワイヤレスなのに、ノイズキャンセル機能を有している非常に高性能なイヤホンになっています。 果たしてこの小ささでのノイズキャンセルっていうのはちゃんと働くものなのでしょうか。実はこのあたりは、開発者インタビュー でしっかり語られています。

MDR-1000Xのノイズキャンセリング機能が非常に好評だったので、この機能をぜひ入れ込みたいという強い思いがあったんです。

もちろん音質は妥協せず、ノイズもワイヤーも気にならず、アダプティブサウンドコントロールによりノイズキャンセリングのコントロールからも開放されます。つまり3つのストレスから開放される、ということ。1000Xシリーズの中でも要素を削ぎ落とした製品ですので、最初の企画段階からどこまで削るかがポイントとなりました。

MDR-1000Xで成功したノイズキャンセル技術を使って、完全ワイヤレスイヤホンでのノイズキャンセル機能を作ることになったんですね。 

マイク機能

そうなっていくると必要なのは、通話におけるマイク機能 このあたりがどのようになっているかが非常に気になります。 

仕様には以下のように書かれています。

スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話(*)が可能。エコーキャンセレーションとノイズサプレッションを用いることにより、高音質な通話が可能です。 ※ 通話時の音声はL側からのみ聞こえます

マイク側にもノイズサプレッションが搭載はされている」みたいですね。 ハンズフリー機能での弱点をして挙げられるのは、マイク感度が高すぎて周りの騒音をなんでも拾ってしまって通話相手方に迷惑になるケースが多くあります。

このあたりは実際に使っていみるとどのようになるのか気になるところではあります。

また、通話時の音声はL側(左側)に限るというのも注目する箇所です。 

片側だけでの利用ができるか?

AirPodsに関しては、充電ケースから外しているものが使えるようになっているため片方のみの使い方も可能でした。 WF-1000Xは通話時は左側のみ聞こえるということなので、実際はどうなのでしょうか。 もし、片耳だけで使用可能であればビジネス使用であれば片耳だけ、プライベートは両耳で使うという使い方が可能です。

実際どうなのかが非常に気になります。

Voyager 3200とくらべてみる

完全ワイヤレスというだけを考えれば、Plantronics社のVoyager3000も負けておりません。 但し、前述しておりますように利用方法としてはビジネスでの使用が大半になっています。 電車の通勤時やプライベートで音楽を聴く時などはやはり両耳にイヤホンがあるのが良いんです*1

性能だけを考えると、通話機能はVoyager 3000のほうが優れている感じがあります。マイク関係だけでもノイズキャンセルが付いていますから。

見た目や音楽聞くことも考えると、どう考えてもWF-1000Xなんですよね。 でも、通話品質も捨てきれない。 本当に両方を叶える商品出てこないかな。

左右独立型ということで、接続が安定しないという噂もあります*2

着けている感じがスマート

今回のモデルは宇多田ヒカルさんがモデルとなっています。まずはこの動画を御覧ください。

宇多田さんが装着しているのもあるかもしれませんが、かなりおしゃれに見えます。

もし、WF-1000Xが私が求めているプライベートだけでなく、ビジネス利用もできる機能を有しているのであれば、速攻で買ってしまいます。 果たして、販売されてみてからのレビューに期待です。*3

*1:かなり贅沢いっています

*2:あくまでソニーストアでの事前展示品なので、商品版では解消していることを祈ります

*3:買わないとは言っていない